はなしのネタに

「はなしのネタに」は2chやニコニコニュースのまとめサイトになります。面白ネタや時事ネタを掲載しています。もし、話をするネタに困った際や、最新の情報を仕入れたい場合は、ご覧いただければと思います。

    カテゴリ: 雑談


     自民党杉田水脈衆議院議員の寄稿が波紋を呼んだ刊誌『新潮45』。18日に発売された10月号の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」が、さらなる物議を醸している。


     発端は、『新潮458月号に掲載された杉田議員の「LGBTカップルのために税を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」といった寄稿。これに対し、自民党本部前には杉田議員に抗議するデモ隊が集まった。


     さらに、「杉田衆議院議員は本当にLGBTの問題に対する理解不足であり、人権という問題について全く理解をしていない」(立憲民主党枝野幸男代表)、「謝罪撤回をいまだにしない。このことをもって辞任に値する」(共産党小池晃書記局長)、「ああいう発言が党内から出てしまうことが悲しいですよね」(自民党小泉進次郎筆頭副幹事長)と与野党から批判があがったが、杉田議員本人は口を閉ざしたままだ。


     『新潮45』の10月号には、この問題に対して「論文の『生産性』という言葉は誤読」「杉田議員への『メディアリンチ』だ」といった7人のが掲載されている。こうした『新潮45』の姿勢に対してTwitter上で次々に批判投稿されると、新潮社内部からも批判の動きが起こり、「新潮社出版部文芸」の公式Twitterが『新潮45』への批判ツイートを相次いで拡散した。そして、新潮社の創始者・佐藤亮氏の「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤)」という言葉を紹介した。

     そうした中、ある新潮社の社員は「『新潮45』は新潮45の考え、編集方針があってやった。一方で、それは違うという社員がいることは確かで、私も全てが正しいとは思っていない。そういうものではないか」とコメント新潮社の宣伝部は、「弊社では、言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して、言論統制のようなことは従来より一切行っておりません」としている。


     『新潮45』を巡る一連の議論LGBTの当事者はどのように受け止めているのか。『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、ゲイ表して活動している一般社団法人fair代表理事の松岡宗嗣さんに話を聞いた。松岡さんは『新潮4510月号の7人のについて「全体として議論できる点はあると思う」としつつ、次のように異議を唱える。


     「今までの人生の中で『気持ち悪い』といったことはよく言われるが、なぜ気持ち悪いのかと聞くとほとんどの人は『よくわからない』『なんとなく』と答える。その中でも特に厳しい人は、気持ち悪いという感情に様々な言い訳や言論を付けてぶつけてくる。当事者はいつも足を踏まれているような、常に攻撃にさらされている状態のように思う」

     こうした本の出版には「言論の自由があってもいいのでは」という見方もある。しかし、ハフポスト日本版編集長の竹下一郎氏は「自分のというよりは、特定の人を攻撃するために書いた文章(ヘイトスピーチ)と思われても仕方がない」と摘。「言論の自由するためには、きちんと調べる、相手を不当に傷つけない、わかりやすく伝えるというルールに基づく必要がある。新潮社はそれを全てすっぽかしていて、プロ仕事に見えない。著者にLGBTの知識が欠如していれば、出版社が言論を整理したり著者と意見を交換したりして高めていくのがプロ。見た限りそのやりとりが感じられず、受け取った原稿を載せたようにしか思えない」と苦言を呈した。

     一方、こうした言論が世に出ることで松岡さんには危惧することがあるといい、「ヘイトに関しては命に関わること。自分を自分で否定しなければならないとか、杉田水脈さんを発端にした厳しい言論とそれに対して反発する応酬の中で、LGBTをなんとなく理解できないという人たちが『LGBTを攻撃してもいいんじゃないか』と思ってしまうのではないか、当事者が傷つけられるのではないかとすごく危惧している。大事なのは、LGBTの人はでも隣にいるということ。その人たちが友達だったら傷つけるような発言はしないはずだし、さも傷つけてもいいかのように言論するのはLGBT以前の問題だと思う」と訴えた。

    AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


    『新潮45』寄稿者とLGBT当事者が出演した『AbemaPrime』を見逃し配信中



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【問題視】「LGBTを攻撃対象にする人が増えるのでは」 『新潮45』を巡る応酬に当事者が危惧すること】の続きを読む


     一かにかかる食費の均は一世帯あたりいくらになるのか、買い物するたびに気になります。総務省統計局が毎年「計調」の中でその数字を発表していますが、2月に発表された2017年版速報によると、2人以上世帯の場合一か均値は7万2866円になるそうです。

     その一かの食費を、育ち盛りの子供2人を抱えて「代込み」で家族4人3万円で切り盛りしている、とある様(以下、匿名様)の嘆きが注されています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     家族4人で3万円だけど、きちんとした手料理を食べさせたいという信念で日々の食事をやりくりしている匿名様。時に、自分の食をさらに節約してでも子供に沢山食べさせたいと奮闘しているそうですが、そこまで切り詰め頑っているにも関わらず、つい先日こんな一言を夫にかけられたそうです。

    「1ヶの食費が三万円って1日千円もかかってるっていうこと!?

     この一言に匿名憤怒。怒りのやり場をもとめて、SNSに「これからトリカブトを探しに山へ行ってきます」という、の効いたジョークとともに投稿したところ多くの反が寄せられる事態となっています。

     いずれも「3万円なんて少なすぎ」「3万円はすごい!むしろ褒められるべき」「代込みはすごすぎる」などなど、褒める言葉が多数。対して旦那様の言葉には、もちろん大ブーイング

     この食費。匿名様の話によれば、旦那様の食は外食が多いため別途で含まず、朝食も食べたり食べなかったりがあるので旦那様の分だけ作らないこともあるそうですが、それでも3人3食+1人1食の1日1000円は凄いとしか言い様がありません。

     あまりに安すぎるので、もしや調味料お菓子は別ではと思い、念のために聞いてみると……、お酒は飲まないため入っていないそうですが、飲み物(ジュース系はほぼなし、出しの麦茶烏龍茶)、お菓子スナック菓子チョコレートは週1回くらい、なるべく小麦粉砂糖、ベーキングウダーなどで手作り)、調味料も入っての3万円となっているそうです。カツカツすぎる……。

     ちなみに先にふれた統計データには、2人以上の世帯にかかる食費7万2866円の内訳に、外食1万1902円と3138円が含まれています。しかしこれを差し引いても、2人以上の世帯で食費にかかるお金は5万7826円が均。ただし、家族人数がこの調では「2人以上」となっているので、4人家族の場合はさらにかかることも考えられます。育ち盛りの子供がいるならば、本来は7~8万円は欲しいところ。だってお菓子調味料も含んでいるわけですから。

     欲を言えばきりはないのですが……この旦那様。自分は外での飲食(飲み代など)で10万円も使うことがあるそうです。それなのに、様には「節約の意識を~」とめて来るそうなので、「それモラハラ!」と突っ込むも多数よせられていました。自分の飲食代を積み上げるとそんな額になっているとは、気づかないものなんでしょうね。

    <記事化協
    匿名

    <参考>
    総務省統計局「家計調査報告

    宮崎美和子)

    家族4人で食費月3万円に「かかりすぎ」と嘆く夫 世間から大ブーイング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【食費】家族4人で食費月3万円に「かかりすぎ」と嘆く夫 世間から大ブーイング】の続きを読む


    (C)diy13 / Shutterstock

    生活保護制度を題材に描いた意欲的なドラマ健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)は、残念ながら大コケしてしまった。視聴率は初回の7.6が最高で、以降は4~6台と低調。「題材に対する世間の関心が薄いことが原因」と話すテレビ局関係者もいた。

    【関連】障害は努力で直る?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の描写に批判 ほか

    しかし、ドラマではなく“現実生活保護”に対しては、世間は薄いどころか大いに関心を抱いているようだ。9月15日付の『しんぶん赤旗』電子版に掲載された生活保護に関する記事が、ネット上で“炎上騒ぎ”になった。

    記事では、「安倍政権が10月から段階的に生活保護基準を最大5引き下げることを決定した問題」について、保護利用者や貧困問題に取り組む団体が「『1万人の審運動』を呼び掛け」たと伝えている。そのほか、「エアコンはあっても使用せず、ガス代節約のために洗面器にをためて体を洗い、食事は1日に1食か2食」だという生活保護を利用する東京都男性49)のケースが紹介された。その男性として、「お金を使わないよう、食べて寝て近所を散歩するしかできない。人付き合いも婚活もできない」とも伝えているが、これが多くの人の反感を買ったようだ。

     

    生活保護受給者「婚活できない」にネット民「(゚Д゚)ハァ?」爆発

    本当に必要な人たちに回せとの意見

    ネット上の匿名掲示板には、以下のような投稿が並んでいる。

    《こん…かつ…?? 就活じゃなくて?》
    (゚Д゚)ハァ? むしろ結婚する気でいるの?》
    《働くことはできないのに結婚はできるってこと? はあああ!?
    《この人たちより少ないお給料だよ私。それでも頑ってるのに》
    病気持ちだけど働いてるよ。甘えないでよ》
    毎日、食べて寝て散歩できるなんて贅沢だな》

    「不正受給や外籍の方への支給などの問題が続出しているため、生活保護者に対するイメージが悪くなっていることは否めません。ですが、生活保護自体が悪いと考えている人は少なそうです。実際に受給者が贅沢できているかどうかは別として、『贅沢をさせる余裕があるなら、その分をしっかり、本当に必要としている方たちに回してほしい』という意見が多いですね」(自治体職員)

    もちろん、にでも結婚する権利はある。しかし「婚活」はお金がかかるイメージがあるし、婚活結婚の必須条件でもない。

    一般的に給料が上がってきているとは言い難い現状では、生活保護受給者の「人付き合いや婚活」は贅沢と見られても仕方ないのかもしれない。

     

    (C)diy13 / Shutterstock


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【激怒】生活保護受給者「婚活できない」にネット民「(゚Д゚)ハァ?」爆発】の続きを読む


    ゲームをやりすぎると頭が悪くなる」……と昔からよく言われていますが、オーストリア心理学教授Timo Gnambs氏より、実際にその影について調べた研究結果が明かされました。

    【大きい画像を見る】(C)GettyImages


    この研究は、 Gnambs氏らが2年間にわたって行ったもの。「コンピュータゲームが勉強の成果に与える影を長期的な観点から研究したかった」と海外メディアFatherlyにてる同氏は、3,554人の青年期のドイツ人をサンプル(内56%女性)とし、彼らのゲームの習慣、プレイ時間などと、読解と数学と推論の成績を調しました。その結果、1日に最大8時間にわたってゲームを遊ぶ子どもでも、学業成績への影は僅かしか見られなかったということです。

    Gnambs氏は「成績にはごく僅かな影しか見当たらず、コンピテンシーはありませんでした」とその結果についてコメント。本実験はあくまでひとつの実験結果の例でしかいものの、勉強を理由にゲームプレイを制限せざるを得なかったゲーマー学生諸氏は、ある意味ひと安心といったところではないでしょうか。また、Gnamb氏は、試験などの前に状況に応じたゲームの制限が重要であり、課題に直面していない学生が長時間のゲームプレイを楽しむことは大きな問題ではない旨を述べています。【ほかの画像を見る】(C)GettyImages

    (C)GettyImages


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【研究結果】ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果】の続きを読む


     スマートフォンゲームアナザーエデン 時空を超える猫運営9月19日、同ゲームガチャにおいて、特定ケースで再抽選を行うプログラムが組み込まれていたとして謝罪しました。これに伴い、現在ガチャおよび「クロノスの石(課金アイテム)」の販売を全て停止しています。

    【画像:組み込まれていた再抽選プログラム】

     9月13日に発生していたガチャの不具合が発端となって発覚したもの。このときは一部のユーザーから「特定の時間帯にガチャを引くとほぼ最高レアばかり排出される」という報告があがっており、これについて調を進めていくなかで、今回の内部プログラムの存在が発覚したとしています。

     抽選プログラムの内容は、「10連ガチャで同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選される」「10連ガチャ5クラス仲間が4体以上含まれる場合に再抽選される」というもの。要するにガチャ結果が極端に「悪すぎた」あるいは「良すぎた」場合に、それをなかったことにして引き直すというもので、いずれもごくまれなケースであるとはいえ、表示されていた確率通りに抽選を行わず、プログラムによって抽選結果を操作していたということになります。

     同プログラムが組み込まれた理由については、前者は「お客様の不利益に繋がると危惧し」、後者は「ゲーム内の性を維持することを的に」それぞれ実装していたと運営側は説明しています。組み込まれていた期間は、前者が2017年5月12日から現在まで、後者6月29日から現在まで。運営側は対応として、これまでに再抽選が行われていたユーザーに対し個別に補填を行うほか、全ユーザークロノスの石1万個(約3万円分)などの配布を行うとしています。

     スマートフォンゲームガチャを巡っては、以前から「ユーザーの見えないところで運営側が不正に排出率を操作しているのではないか」という疑惑があり、今回のケースは、状況としてはかなり限定されるものの、「確率操作が実際にあった」ということを明してしまったとも言えます(もちろん、だからといって他のゲームでも同様に行われている、というわけではありません)。 

     「アナザーエデン運営は今回の件を受け、「この度発生しておりました不具合につきましては、お客様皆様に対する配慮が至らず、ご不快の念をおかけし大変申し訳ございません」「お客様に今後も安心してお楽しみいただけますように再発防止に努めるとともに、その他にもいただいております不具合に関するお問い合わせにつきましては、継続して調を続けてまいります」と謝罪しています。

    「アナザーエデン」公式サイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ