ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
よさこい祭りガーナで独自の変化
・手には「鳴子」を持っている
ツイートが拡散

ガーナのよさこい祭り

アフリカガーナダンスを教えている中込孝規さんがガーナよさこい祭りが独自の変化を遂げているとツイートし話題を集めている。

よさこい祭りとは高知県高知市で8月上旬に開催される祭りで、花火なども打ち上げられ盛り上がる。実際に見たことが無くても聞いたことがある人は多いだろう。

そんな「よさこい祭り」がガーナで独自の変化を遂げてしまって別物になってしまっているのだ。
よさこい祭り同様に手には「鳴子(なるこ)」を持っておりカタカタさせながら踊り、衣装もよさこい祭りを衣装しているのか似ている感じがするもののガーナの曲はかなりアップテンポ

よさこい祭り同様に作物を狙う鳥を払うという意味で使っているのか、ただの楽器として使っているのか。

現在該当ツイート7500リツイート、1万6000いいねされており、動画も31万再生されている。

ガーナのよさこい祭り






(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

カッコよ過ぎるw ぜひ日本にも招待してあげて。


北海道のだって別物だし、本家の高知だって正調以外はダンスパーティーやから、好きに踊ってええんやで?