PCゲームプレイするなら、こだわりたいのがゲーミングマウス。操作性の善し悪しが勝敗に影響するだけに、自分にマッチしたものを選びたいところです。以下、ゲーミングマウスの選び方とおすすめモデルを紹介していくので、ぜひご参考にどうぞ。
ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスとは、高速な応答性と精密な操作性を持つ、ゲームプレイ向けの高性能なマウスのこと。日本市場だけでも200種類以上ものゲーミングマウスが出回っており、どれを選ぶのか迷ってしまいます。自分に最適なゲーミングマウスを見つけるためには、まず最初に、メインプレイするゲームFPSなのか、MMOなのか)に合わせて絞り込むとよいでしょう。
FPSでは、反応速度と軽さが大事

一つが、「Fortniteフォートナイト)」や「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSPUBG)」といったFPSゲーム(※)を中心にプレイする場合。「FPS向け」と明示しているゲーミングマウスもありますが、エイム(照準)スピードと正確性がもっとも重要視されるゲームジャンルだけに、レスポンスの速さやマウスの重量がポイントになります。

TPSモードもあり、バトルロイヤルゲームと称されますが、本稿ではFPSとして話を進めます

レスポンスの良さを示すスペックに「DPI」があります。DPIはdots per inchの略で、マウス本体を動かしたときにどれだけカーソルが動くかを示したもの。DPIが高いほど、ちょっとしたマウスの動きでカーソルは長距離動くことになります。

10,000DPIを超えるマウスもありますが、プロゲーマーの間では、800DPI程度の低めの設定で大きくマウスを動かすプレイスタイルが主流となっています。FPSゲームにおいては、高DPI設定によって、ちょっとの動きで大きく移動してしまうと、繊細なエイムが難しくなるためです。また、15~25cmのマウス移動でプレイキャラクターが真後ろに振り向けるよう、マウスゲーム内感度とDPIを調整するのもトレンドと言えます。

マウスがPC本体に情報を送る頻度を表す「ポーリングレート」も注目してほしいスペックです。高級マウスでは1kHz(1,000回/秒)が多く、安価なマウスだと125Hz(125回/秒)程度の低さです。

それほど重要ではないスペックですが、ユーザーマウスを動かす速度に対してどれだけ反応できるかを示す「最大加速度」、センサーが正しく認識してくれる最大距離の「最大認識速度」もチェックしておきましょう。
MMO向けは、ボタンが命

次に解説するゲームジャンルは、ファイナルファンタジーXIV(FF XIV)に代表されるMMOです。「MMO向け」では、センサーの性能よりも、魔法の発動、アイテムの使用、武器の変更など、操作の効率性が重視されます。そのため、動作の割り当てが可能なボタン数が重要になり、側面だけで10ボタン以上という製品も存在します。ただ、ゲームによっては複雑な操作を一つのボタンに割り当てる「マクロ」を禁止している場合もあるので注意しましょう。

持ち方や利き手、手の大きさに合わせて選ぶ

ゲーミングマウスにおいては、手にフィットする形状も重要です。無難な選択肢と言えるのが、Microsoftの古いマウスIntelliMouse Explorer 3.0」の形状を発展させた「IE3.0クローン」と呼ばれるデザインゲーミングマウスです。元がシンプルで握りやすいことから世界で人気となったマウスだけに、多くの人の手に馴染みやすいという定評があります。

マウスは右手で持つことを前提とした設計が多いのですが、左利きユーザーにはどちらの手でも違和感なく使える左右対称の形状がおすすめです。同じデザインスペックでも大、小などサイズが異なるマウスを出しているメーカーもあるので、手の大きさを考えて選ぶことも重要です。

有線と無線、どちらがよいのか

プロゲーマーの多くは有線マウスを愛用していますが、最近は無線接続のゲーミングマウスも増加中。センサーや遅延という部分では、有線と無線マウスの差が小さくなっています。しかし、無線マウスはワイヤレスで使える快適度は素晴らしいのですが、バッテリーが入っているため、有線マウスに比べて重く、バッテリー切れの心配があります。

最近ではマウスパッドが充電台となり、その上で操作する限りは電池切れの心配が無い無線ゲーミングマウスも登場しています。ただし、その価格は3万円超え。有線ならば、手の届きやすい価格帯でも高性能なモデルが登場しているだけに、初めてゲーミングマウスを買うなら、有線のモデルから入るのが安全と言えるでしょう。

ゲーミングマウス、おすすめ製品カタログ
ロジクール「G300s」

ロジクールは数多くのゲーミングマウスを発売しているメジャーブランド。中でも、入門機としてオススメなのが「G300s」です。2,000円前後という低価格ながら、DPIを250~2,500の間で設定でき、ボタンで簡単にDPI設定を切り換え可能。9個のボタンには、付属のソフトショートカットなどの動作を割り当てられ、FPSMMOのどちらでも活躍できる製品です。左右対称デザインで利き手を選ばず、1,000万回のクリック250kmの使用という品質テストクリアした耐久性の高さも魅力です。

センサー:光学式
本体サイズ:W72×D115×H37mm
重量:82g
実売価格:2,000円前後

Razer「DeathAdder Elite

最近はゲーミング周辺機器だけでなく、ノートPCスマホリリースして勢いに乗っているRazer。同社の「DeathAdder Elite」はゲーミングマウスの大定番と言える製品です。手にフィットしやすいIE3.0クローン形状で、本体を親指と小指で持ち上げる「つまみ持ち」、手のひら全体でマウスを持つ「かぶせ持ち」のどちらでも使いやすいのが強み。100~16,000DPIの設定が可能で、ポーリングレートは最大1kHzに対応と十分に高い性能を持っています。クリックは5,000万回の押下にも耐え、7個のボタンには専用ソフトで機能の割り当てが可能です。

センサー:光学式
本体サイズ:W70×D127×H44mm
重量:105g
実売価格:7,000円前後

SteelSeriesRival 310

SteelSeriesRivalシリーズも定番のゲーミングマウス。中でも人気が高いのが「Rival 310」です。DPIとほぼ同じ意味になるCPIは、100~12,000の値で設定可能。さらに3,500CPIまではマウスの動きと画面上のカーソルの動きを完全に一致させられる「1-to-1 tracking」に対応し、ブレのない正確な動作を提供します。ポーリングレートは最大1kHz。88.3gの軽さも特徴です。ボタンは6個で、専用ソフトで機能の割り当てが可能。また、ほぼ同スペック左右対称デザインの「Sensei 310」も存在します。SteelSeries

センサー:光学式
本体サイズ:W70.1×D127.6×H41.8mm
重量:88.3g
実売価格:9,000円前後

Corsair「HARPOON RGB」

Corsair(コルセア)は、メモリや電源ユニットなどPCパーツメーカーとして名の知れたブランド。近年はゲーミングデバイスにも力を入れており、「HARPOON RGB」は低価格なゲーミングマウスとして人気です。最大解像度は6,000DPI、最大1kHzのポーリングレートとスペック面は十分。スイッチも2,000万回の耐久性を持ち、6個のボタンは専用ソフトで機能の割り当てが可能です。後部にはLEDがあり、DPI変更に合わせて色を変えられるので、現在のDPI設定が視覚的にわかります。重量は85gで、軽さを求めている人にも向いています。

センサー:光学式
本体サイズ:W68.3×D111.5×H40.4mm
重量:85g
実売価格:3,000円前後

(C) Epic Games, Inc. All Rights Reserved.
(C) SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2
(安藤鷹三)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>